カテゴリー別アーカイブ: サプリメントの弊害

副作用の弊害は、サプリメントは薬ではないため、少ないと多くの人が思っているのではないでしょうか。

サプリメントの飲み合わせと弊害

s-01

 

実は飲み合わせの問題というものが、サプリメントの弊害の一つです。最近増えているのが、健康のためにとサプリメントを常用する人たちです。

 

病院などで医師から処方された薬との相性によっては、弊害を思わぬか立ちで引き起こすことがあるそうです。

 

薬とサプリメントの相性問題は、薬と薬の相性問題ほど解明されていません。

 

併用したい時は、神経質になりすぎる必要はありませんが、担当医に確認してからにしたほうが良いでしょう。

 

サプリメントによって、一緒に服用した薬の効き目を弱めたり、強くさせすぎたりする場合があります。

 

サプリメントの中でも西洋オトギリソウのものは、精神状態が改善される効果があるそうです。

 

抗うつ剤と併用すると発熱やふるえなどの弊害が起きることがあります。

 

これ以外にもいろいろと弊害が報告されていて、葉酸サプリメントは抗てんかん薬の効果を弱める、カンゾウサプリメントは強心薬や利尿薬の効果を増強する、青汁は血液凝固防止薬の効き目を弱めるそうです。

 

サプリメントと薬の相性に問題があると思われる組み合わせはいろいろあります。

 

健康になりたくてサプリメントを使っていたのに弊害で不健康になってしまっては元も子もありません。

 

サプリメントの成分として何が含まれているか、弊害を避けるためにも飲み合わせを調べる時は、おすすめなのはよく成分表示などを調べておくことです。

サプリメントの過剰摂取と弊害

サプリメントの過剰摂取と弊害とはどのようなものなのでしょう。利用者も、サプリメントはドラッグストアやコンビニで手軽に手に入るようになり、多くなってきているといいます。

 

弊害が少ないと考えられているサプリメントですが、過剰摂取を正しい用法や用量を守り、防がなければいろいろな弊害が起こるかもしれません。

 

手軽に摂取できるため、ついつい摂りすぎてしまうという人もいます。

 

弊害を起こすことのないよう気をつけなければならないのは、サプリメントは栄養成分が濃縮され、一度に多量に摂取できてしまうからです。

 

ビタミンやミネラルのサプリメントが人気です。

 

ビタミンやミネラルなどの成分は食事から摂取したいものであり、サプリメントなどでの過剰摂取は弊害を招く可能性があります。

 

水溶性ビタミンであるビタミンCなどは、体外に一定以上摂取しても排出されてしまうものです。ですがたくさんの量を毎日摂取していれば弊害が起こりえます。

 

過剰症に、体内に蓄積されることでなりやすいのが、脂溶性ビタミンであるビタミンAなどの成分です。

 

いくら体にいい成分でも過剰摂取は毒にもなるということを知っておいたほうが良いでしょう。

 

神経質になりすぎることも、極端な取り扱いをしない限りは危険なことはほとんど起きないので、ありません。

 

サプリメントの摂りすぎには注意し、飲む時は水で飲むようにすれば弊害は無いでしょう。

サプリメントの副作用と弊害

副作用の弊害は、サプリメントは薬ではないため、少ないと多くの人が思っているのではないでしょうか。人体への薬を使った時に本来の目的以外に起きる別な作用のことを、副作用と呼ぶのが一般的です。

 

サプリメントは薬ではありませんので、言葉の上では副作用はありません。

 

そうはいってもサプリメントの弊害が全くないとはいえないのも事実です。

 

吐き気や下痢、頭の痛みなどの弊害がサプリメント摂取で発生したという報告もあるのが、サプリメント大国であるアメリカです。

 

中での深刻なものの例としては、死者が出たということです。

 

日本でも、クロレラのサプリメントを摂取したことで皮膚に弊害が起きたという報告もあります。

 

補助食品であるのがサプリメントの分類ですが、副作用をだからといって軽く考えことはできないものです。

 

やめたほうが良いのが、無警戒に過剰摂取することです。

 

アレルギーや化学物質による過敏症がある人はサプリメントによるトラブルが起きやすいといいます。

 

もともとハーブ類は状況に応じて摂取するのが正しい方法なので、漫然と摂取していれば効果があるというものでもないようです。

 

妊娠中や授乳中の人や、医師からの薬を服用されていたりする人は、弊害を避けるためにもサプリメントは慎重に扱うようにすることをおすすめします。