月別アーカイブ: 2013年10月

サプリメントの効果をアップさせる飲み方

最近サプリメントは多くの人が摂取しているようですが、効果をアップさせる飲み方はあるのでしょうか。せっかくサプリメントを摂取するのですから、効果を最大限に得たいものです。

 

サプリメントの効果をアップさせる飲み方で大事なことは、常温のミネラルウォーターで飲むということです。

 

水は胃を刺激して活発に動かしてくれる働きがあります。胃が働けばサプリメントが細かく砕けて腸に吸収されやすくなるのです。

 

とはいえ、カルキ臭い水道水を飲みすぎると体によくないですし、冷たすぎる水は体を冷やしてしまうことがあります。

 

カフェインやタンニンを含む飲料は使うべきではありません。

 

サプリメントの効果をアップさせる飲み方をするには、基本を守るということが大切です。

 

サプリメントの容器に書かれた用法、用量をきちんと守って摂取するようにします。たくさんサプリメントを飲めば効果がアップするわけではありません。

 

基本的な飲み方をしっかりと守るようにしましょう。

 

サプリメントを飲むタイミングも効果的な飲み方に影響してきます。

 

サプリメント摂取の一番良いタイミングは、食後30分以内です。

 

食前よりも食後のほうが胃にも優しいのでおすすめです。

 

サプリメントは、短くとも3ヶ月は飲み続けなければ効果が実感できません。

 

正しいサプリメントの飲み方を一定期間続けて始めて、体への効果が現れるようになると言われています。

管理人的には、小林製薬 黒にんにく高麗人参がおすすめですよ。

 

 

サプリメントの飲み方のポイント

サプリメントは私たちにとって身近なものになりましたが、正しい飲み方というのはあるのでしょうか。

 

正しい飲み方をしなければせっかくサプリメントを摂取しても効果を得ることができません。

 

サプリメントを飲むときには、水で飲むというのが大原則です。少量の水ではなくコップ1杯程度の水で飲むのが正しい飲み方です。お茶やコーヒーで飲むのは絶対にやめましょう。

 

カフェインやタンニンなどが栄養素とくっつき、吸収力が低下します。

 

 

空きっ腹にサプリメントを摂取するよりも、食べ物と一緒に栄養摂取が行われるように食後にサプリメントを飲みます。

 

胃にダメージがいかないよう、腹に何か入っているタイミングでサプリメントを使います。

 

持病があって何らかの薬を飲んでいる人は、サプリメントを飲む前に医師に相談するようにしましょう。

 

サプリメントの摂取によって体調に影響を及ぼすものもありますので気を付けましょう。

 

サプリメントの飲み方の中でも重要なのは、栄養が摂れるからといってみやみにたくさん飲むのはやめるということです。

 

摂取量によっては重大な健康障害が起こる場合もあります。

 

サプリメントは原則的に大人向けの商品ばかりで、中には子供に飲ませない方がいい場合もあります。

 

6才異常であれは、病院で相談して決めてください。

 

適切な飲み方でサプリメントを摂取すれば、その商品の良さを最大限に活かすことができるでしょう。