サプリメントの飲み合わせと弊害

s-01

 

実は飲み合わせの問題というものが、サプリメントの弊害の一つです。最近増えているのが、健康のためにとサプリメントを常用する人たちです。

 

病院などで医師から処方された薬との相性によっては、弊害を思わぬか立ちで引き起こすことがあるそうです。

 

薬とサプリメントの相性問題は、薬と薬の相性問題ほど解明されていません。

 

併用したい時は、神経質になりすぎる必要はありませんが、担当医に確認してからにしたほうが良いでしょう。

 

サプリメントによって、一緒に服用した薬の効き目を弱めたり、強くさせすぎたりする場合があります。

 

サプリメントの中でも西洋オトギリソウのものは、精神状態が改善される効果があるそうです。

 

抗うつ剤と併用すると発熱やふるえなどの弊害が起きることがあります。

 

これ以外にもいろいろと弊害が報告されていて、葉酸サプリメントは抗てんかん薬の効果を弱める、カンゾウサプリメントは強心薬や利尿薬の効果を増強する、青汁は血液凝固防止薬の効き目を弱めるそうです。

 

サプリメントと薬の相性に問題があると思われる組み合わせはいろいろあります。

 

健康になりたくてサプリメントを使っていたのに弊害で不健康になってしまっては元も子もありません。

 

サプリメントの成分として何が含まれているか、弊害を避けるためにも飲み合わせを調べる時は、おすすめなのはよく成分表示などを調べておくことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>