販売形式とサプリメント商品の傾向

サプリメントは店だけではなく今では様々な業態で販売されています。それぞれの販売形式によって訪れる客層や求められるサプリメント商品にも差があります。差が出てくるのが、商品の充実度や店側の対応です。

 

実際にサプリメントを購入する場合に有効なのは、店をどんなサプリメント商品を購入したいかで変えるという方法です。

 

サプリメントをコンビニやスーパーで購入する人の多くは20代~30代の男性で、傾向としては食生活が偏っていることで欠乏気味な栄養素の補充を目的としています。

 

マルチビタミンサプリメントや、野菜ジュースや黒酢などのサプリメントが充実しているのがそのような店だといわれています。

 

その一方女性の割合も増加するのが薬局やドラッグストアを利用する人で、20代~30代の男性だけではないようです。

 

食生活の偏りだけでなく、美肌や体重を気にしてコラーゲンやコエンザイムのサプリメントを購入する人が多いようです。

 

どんな人でも求める傾向にあるのが、安価なサプリメント商品です。

 

通信販売の利用客として多いのは40代以降の顧客であり、老化対策や健康維持のためローヤルゼリーやコラーゲンなどを購入する人が多いようです。

 

多くの場合、販売店側もこれらの客層を踏まえてよく売れるサプリメント商品に力を入れている傾向があります。

 

その店の売れ筋商品や主な客層も考慮に入れて、サプリメントの購入店を選ぶと良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>